« 【銀座】ラ・マリー・ジェンヌ/「ほぼ」日替わりランチ | トップページ | 【目白】志むら/氷あんず »

2010年8月28日 (土)

【東長崎】うなぎ御蒲焼所 鰻家/客に嘘をつく最低の店

※今回はお店批判の記事。
 こういう記事を不愉快に思う人は閲覧をお勧めしない。


このお店には絶対に行ってはいけない。

客に嘘をつくだけではなく、大して美味しくない。
美味しいものを気分良く食べてもらおうという気持ちすらない。
また、グルメサイトの情報や採点(ランキング)は鵜呑みにしない方が良い。
どんなにテレビで「うまい」と紹介されても行ってはいけません。
常連以外は作り置きが出てくることがある。

これを読んで少しでも被害者が減ることを願う。

このブログに乗せているお店は以下の方法で情報収集している。
①日本橋~新橋
 デジカメを片手に歩き、気になるお店の看板を撮影。
 家に帰って住所を調べ、ケータイにストックして後日訪問する。
②上記以外の地域
 家族、知人からの口コミやdancyu等の雑誌で情報収集。

この店はどちらにも合致せず、食べログの鰻ランキングで上位だったので
行ってみることとしたが、これが大きな間違いだった。

不愉快だったので、時系列で説明したい。

10:00:妻が「鰻が食べたい」というので、無理を承知で江戸川橋の「石ばし」に電話。
    案の定、満席。野田岩本店に行くことにした。

11:00:野田岩本店では、行列必至。この暑さの中で並ぶのは嫌なので
    食べログでランキング上位だった「鰻家」に電話。あっさり予約OK。
    この予約の電話でオーダーを聞かれる。ランクの違いを訪ねると
    「量でなく鰻の種類が違う。脂ののりが全然違うよ」と言われたので、
    うな重(特)をお願いする。訪問時間は12:30。
    「12:40くらいに焼き上がるように準備しておきます」と言われる。
20100828_0003

12:10:東長崎駅に到着。少し早いので商店街を散策。
20100828_0002

12:20:あまりの暑さに閉口。時間前だが店を訪問。
20100828_0001
訪問時、1階の客は1組のみ。
カウンターに座るよう言われる。
カウンターの中には既に焼かれてトレーに乗せた蒲焼が置いてある。
この時点でこれが自分に出されるとは夢にも思わない。

12:23:牛丼なみの速さでうな重が出てきた。
    12:40に焼き上がるように準備するといっておきながら、作り置きの鰻を
    出してきた。初めての店なので文句を言わず受容する。
20100828_0004
器がやけに安っぽい。
でもまわりに客がいないのでこれが特なのかどうか判断できない。
20100828_0005
一口食べて…。
「まずい」
出来立てではないのでぬるい上に、鰻に全然脂がのってない。
この時点で「これ本当に特なのか?」という疑念が湧く。
山椒も小袋に入ったものでこだわりが感じられない。
20100828_0006 20100828_0007
肝吸いはしょっぱい。
唯一美味しいのは自家製漬物だけ。

妻も終始無言。

食べている間に予約客が何組か入店。
我々の次に来た隣の客(以下A)は12:30に入店。
そしてAの器は自分たちのと一緒。
Aはさっさと食べ終わり、会計。
その時の金額はうな重×2、肝吸い×2、ビール×1で4450円。
ということはAのうな重のランクは竹

※Aさん本人より指摘され訂正。2010/08/30
その時の金額はうな重×2、ビール×1で4450円。
ということはAのうな重のランクは松
(この味で松か…。)

座敷の客には特が出される。
明らかに器が違う。

12:40:会計。女将に「この器は特じゃないんじゃないの?」と聞く。
    このときの答えがこれ↓
 
    「ごめん、器を間違っちゃった。」
    「え?じゃあ、中身は合ってるの?」
    「うん。」
    「ほんとに??」
    「うん。器間違っちゃった。ごめんね。器で全然味が違っちゃうよね。」
    「…」

    私は実は気が短くて喧嘩っ早く、いつも妻に怒られている。
    この件も暴れようかと思ったが、同じフロアには他の客もいて、ここで
    大げんかを始めてしまうと、何の罪もない人たちの、せっかくの食事を
    不味いものにしてしまう。
    また、「器は違うが中身は特だ」と言われてしまうと反論する材料も
    証拠もない。

    グッとこらえることにした。

    うな重(特)×2、肝吸い×2で4800円を支払い、退店。

明らかに店側の手違いでAのうな重を我々に出したとしか考えられない。
それならそれで仕方のないことかもしれないが、請求金額を修正しないのは
明らかに詐欺行為である。
鮨や鰻は店と客との信頼関係で成立している。
店側に「これは特だ」と言われれば、客はそれを信じるしかない。
そして、それに対応する費用を負担する。
松の器で特を出すのであれば、その旨を事前に客に伝えるべきではないか。
「器は松だが中身は特だから」と一言言えば良いだけだろう。

もっとも、うな重にのせる鰻は、焼き場担当が器を見て決めるだろうから、松の器に
特の鰻がのるはずがない。

女将と私がやり合っている時に、カウンターの中にいる板前連中(4名)は背中を
向けてダンマリを決め込んでいた。
本当に特の鰻であったなら、大将が「本当に器を間違えたんだよ。ごめんね。」
というはずだ。人間は後ろめたいことがある時は視線を逸らして黙るもんだ。

※カウンターの中で生きた鰻を別な容器に移し替える作業をしていた。
 →鰻は生きているから当然暴れる。
  →容器には水が入っているから当然はねる。
   →そのはねた水はカウンターにもかかる。
    →でもそのカウンターでは我々を含め、4名が食事中。
 板前達に、客の姿は視界に入らないらしい。

≪今回の反省≫
女将を店外に連れ出し、真相を追究すべきだった。
めったにしない泣き寝入りは性に合わない。

Ico_grade5 -5.0
---------------------------------------------
うなぎ御蒲焼所 鰻家 (うなぎや)
東京都豊島区南長崎5-18-17
03-3953-0049
---------------------------------------------





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

|

« 【銀座】ラ・マリー・ジェンヌ/「ほぼ」日替わりランチ | トップページ | 【目白】志むら/氷あんず »

コメント

地元ですが、それほど評判がいいとは聞いてないです。政財界の人間や芸能界などの著名人が来るので、店も思い上がってるのかもしれませんね。50年近く住んでいますが、ここで食うくらいなら池袋に出ますw

投稿: なるほど | 2011年5月13日 (金) 11時51分

評判が良かったら困ります。(笑)
アド街で紹介されたら、このページのアクセスが急増しました。
何だか少し不愉快な気分になりましたよ。

投稿: Roberto y Carmen | 2011年5月14日 (土) 00時01分

情報ありがとうございます
今妊娠中で今のうちに食べたいもの沢山食べとこうと思い、病院の近くのこのお店を食べログで見つけたんだけど、先にこのサイトをみてよかったです

投稿: クミンゴ | 2012年11月 6日 (火) 08時05分

クミンゴさん
少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。
せっかくの食事ですから気分良く美味しいものを頂きたいですよね。

投稿: | 2012年11月 9日 (金) 23時12分

情報ありがとうございます。

先日から東京のウナギを食べようと思っておりまして、食べログで検索して、この店を見つけて、評判が高かったので訪問する予定でした。

しかしブログを拝見して、訪問しないことにキメました。

ほんと助かりました。ありがとうございます。

投稿: ほうへん | 2013年2月23日 (土) 09時53分

> ほうへんさん
江戸川橋の石ばしをお勧めします。
寒い時期の鰻は身に脂が入っていて美味しいですよ。

投稿: Roberto | 2013年2月24日 (日) 23時31分

食べに行くあんたが悪いし、文句あんならその場で言えよ

投稿: ロマンスなめたろう | 2013年6月11日 (火) 03時36分

ここのおやじの手の指の爪に注目。なんか大丈夫かなという感じです。病気がうつりそうです。

投稿: | 2013年7月 8日 (月) 16時55分

ここのウナギのランクは大きさだけの違いです。特上だから○○産と言う訳ではありません。写真を見る限りかなり大き目ですね。惜しい。朱塗りの重に入っていりゃ、さぞかし美味しかったでしょう(笑)

鰻より備長炭や洒落た容器に入った山椒を重視するような方は行かない事です。一つお教えしましょう。親父は半可通、エセグルメが大嫌いで、不用意にその手の発言をする客はかなりの目にあいます。

客商売なんだからもうちょっと大人になったらと思わないわけではありませんが、あの性格は直らんでしょうね。

投稿: | 2013年7月26日 (金) 21時21分

名無しさん

> 一つお教えしましょう。
貴重な情報をありがとうございます。
でも二度と行きませんので。(笑)

どんなすごい親父か知りませんが、関係ありません。
美味しくないので「不味い」と言ったまでです。
予約時間前に作り置きが出てくる店を信用できるという
寛大な心の持ち主の方なら美味しいと思うのかも
しれませんね。

投稿: Roberto | 2013年7月26日 (金) 22時05分

近所ですが、店内ではいただきません。
なぜかというと、建物が建て変わる前ですが
ここの親父が煙草吸いながら、鰻を焼いているのを見たからと
店内にいつも緊張感があり、たまに怒鳴ってるし、
たのしさ感がなかったからです。
よく夕方の浅い時間帯に親父が煙草を店の外で吸っていますよ〜。
怖いので見ないふりします。
ここは出前がいいのではないかと思います、
出前をしてくださる方はとてもやさしい人です。

確かにお金持ちの常連さんはいますね。
運転手付きの車に乗って来る方とかたまに見かけます。
お店の人が迎えに出てきます。

せっかく東長崎まで足を伸ばして下さったのに
申し訳なく思います。以前は椎名町に神田川という
鰻屋さんがあったのですが随分前に休業なさっていて
他におすすめな鰻屋さんはありません。
神田川さんの方がわたしは味も好きでした。

江戸川橋の石ばしさんは見かけた事がありますが、入った事がなかったので、次回は食べてみますね。

投稿: きんぎょ | 2013年8月11日 (日) 22時00分

本田宗一郎が愛した伝説の「うな重」というネットの記事を見て、明日友人と食べに行こうと思い、検索したところ、先にこのサイトを拝見して良かったです。他のお店に行く事にしました。情報ありがとうございました。

投稿: リーマン | 2014年6月 3日 (火) 14時12分

食べログの提灯記事に騙されて私も予約するところだった。
検索してよかった〜。感謝。
行儀良さげな客には嘘をついて粗末なものを出す店、多いんですよね…

投稿: | 2014年6月 4日 (水) 08時58分

先週も行きましたが、生粋の江戸っ子の私は坂東太郎ではもう満足できません。ここでは最高の鰻を食べられます。

本田宗一郎さんは「鰻処」浜松を拠点にしていただけあって、本物の味を求めていらしたのでしょう。

忘れてはいけないのですが。この店では予約の際、来店時に待たずに食べられるよう配慮し時間を合わせてくれます。

これはつまり予約の客が来なければそのまま損害になると言うことです。

そんなリスクをとりつつ営業をしている。さすがに他でこんな予約の取り方をしているお店はありません。これだけでもこの店が「間違いない」事を示していると思います。そこはなぜ書かれないのでしょうか。

悪い事しか書かれていない様子は
このブログ主さんの体験は事実かもしれませんが、人間がやっている事に失敗は起こりうるのではないでしょうか。私がもしここまで書くなら最低2度は行きます。飲食店は行く時期やタイミングでサービスが変わることは普通ですから

一度行って嫌な目に遭い味も良くないと個人的に書くのはともかく「行ってはいけない」などと書くと、単純な人々はこのブログを見て「あの味」を識らぬままで終わってしまう。

何らかの機会で興味をもった方なら、行かなかればそれまで。「ブログに書いてあった」としか語れません。行けば例え満足できなくとも実体験を得られます。たった 1人が書いたブログに左右されてはいけません。それも4年も前の1度だけの事を未だに根に持っている方というのは果たして......

投稿: 海鮮問屋 | 2014年6月 4日 (水) 21時08分

それと品を間違えられた事が判明した際に、別に暴れる必要はないのですよ(笑)席を立って隅で「ちょっと」と女将を呼び、お会計の誤りを声を落として指摘すればよろしい。

「向こうから言うはずだ」などと胸の内で期待したところで意味は無い

簡単な所作です。なぜ大の大人がそんな事さえ言い出せず、挙句黙認したままあとから陰(ブログ)で5000円に満たない金額を「詐欺行為」とまで書くのか。

気が短かいかどうかはともかく非常にセコく根に持ちやすい方、というのが私の印象です。4年もネチネチやってるぐらいですから(笑)

また「自称近所の方」が何人かコメントを書かれていますが、失礼ながら東長崎と言う地域で「鰻家」の価格は「場違い」と言えるほど高級です。普段行けもしない方々がやっかみで揶揄しているのかも知れないーーと考えられなくもないのですよ。

投稿: 海鮮問屋 | 2014年6月 4日 (水) 21時33分

地元なのでたま~に行ってましたが、何回目かで親父のタバコ風味の鰻に出くわし、それ以来行ってません。

一つ分かったことは、本田宗一郎は浜松出身の味音痴だった可能性が非常に高いという事ですね。

何なんだろう、本田宗一郎=浜松出身=鰻の味が分かる(笑)の構図。

ここの店の常連は、常連として扱われることが好きで、店に媚びてる間抜けな連中ですね(笑)

俺からすると残念な人達としか言えないですね。

美味い物は美味い、不味いものは不味い、不愉快なものは不愉快、ただそれだけですよ!

投稿: さまんさ | 2014年6月 7日 (土) 02時27分

主様、貴重なレポートありがとうございます。

鰻は日本人に長く親しまれているだけあって、
基本的に美味しいものですよね。だからどのような
店で食べようと、値段に応じてではありますが、
ある基準以上ででてくるものと思っております。

そして料理屋というのは、客が来てから調理するものとも
思っております。来店に合わせて調理しておきますと
いうのは料理屋ではないですね。自分の経験の範囲ですが
料理屋が来店に合わせて調理しておくというのはないです。
調理ではなく、下ごしらえというのは、客の来店に限らず
やってるものですけど。

で、これも私の経験の範囲ですけど、美味しい鰻屋は、来店
してから捌いて蒸して(関東式)焼いてくれます。出てくるまで
30分以上掛りますけど、その間酒と肴と連れとの会話を楽しむ。
そうこうしているうちに、お重なり、白焼なり、肝焼きがでてくる。
それをまたみんなで味わい、おいしいと言って食べる。
そんな感じですね。

食べログは基本的に信用していませんので、なにか調べごとで
ヒットした時に、目を通すくらいにしてます。そして店内に
色紙があったり、有名人お勧めと言う店にも警戒します。
ごくまれに色紙があっても美味しい店がありますが、それは
たまたま大当たりだったと思って評価の基準にはしてません。

長々失礼いたしました。今後も食べ歩きレポート頑張ってください!

投稿: 鰻 田部太郎 | 2014年6月22日 (日) 10時41分

そうなんですか?東京中の鰻食べたけど残念でしたね、、、最近は鰻屋しか行きません、先ず食べログもあてにしませんが、どこ行くにしろ特上しか食べません、それが次行くか行かないか決めるの手っ取り早いし(笑)

投稿: 鰻好き | 2014年7月27日 (日) 19時01分

こんにちは。間抜けの1人です。鰻 田部太郎算と同じ意見です。しばらく行ってないけど私の場合は鰻家は鰻系でNO.1です。2階でおまかせフルコースで食べてみて下さい。落ち着けるし、とても美味しいです。鰻は養殖ですが、お店の井戸水で泥を吐かせています。水のバランスがとても鰻に合っていると思います。親方(遠藤さん)の爪や手は職人のものです。目黒の鳥しきの親方(池川さん)の爪も若いけど真っ黒で職人の手をしています。病気は移りませんよ。もう一度トライをお勧めします。私も行ってみま〜す♪食べログを参考にするなら2008年までは意外と信用出来ます。
P.S. 因みに器があれなら明らかに中身も松でしょうね。残念!

投稿: 浜あゆ | 2014年7月28日 (月) 19時16分

行きたい方はどうぞ。
何度も言いますが、私は二度と行きません。
行く理由がありませんから。
江戸川橋のいし橋に行けば確実にここよりも美味しい鰻が頂ける上に、不快な思いをすることもありません。

バナメイ海老とシバ海老と表示したら大騒ぎするくせに、鰻重のランクを偽っても許してしまう寛大さは理解不能です。

投稿: Roberto | 2014年7月28日 (月) 22時45分

最近、この記事にだけコメントが付く。
何年も前にリリースしたんだけどな。
Yahooから検索しているようだ。
常連さんがわざわざ検索エンジンに「東長崎、うなぎ」なんてキーワードで検索する理由は何なんですかね?(笑)

投稿: Roberto | 2014年7月28日 (月) 22時53分

Roberto様 土用丑の日!Googleで鰻家と引くと客に嘘をつく最低の店というタイトルが眼を引き読んでしまいました。ウマイ!タイトルです。因みに遠いのでしばらく行ってないのとまだ3〜4回しか行ってません。だから常連ではありませ〜ん。私も2度と行かない店はあるのでその気持ちはしょうがないですね。毎年、鰻の時期のなるとコメントつくのでは、、、

投稿: 浜あゆ | 2014年7月29日 (火) 12時45分

明日の晩、鰻家で定例会をします。真冬のいちばん脂がのっている鰻を食する会です。ここに投稿されている方はおそらく半分以上の方は想像でしょう。ここの特上の白焼きを食べればちがいはわかります。石ばしは親父が代替わりしてから味が落ちうすっぺらな鰻です。江戸川橋なら橋本を推奨します。でも鰻家の分厚い特上鰻が好きです。
できれば鯉か鮒の洗いがあれば最高です。

投稿: vega | 2015年2月17日 (火) 12時55分

美味しい鰻食べようと思ってググったら此処に当たった。
で、我も一言。何れにしても食い物屋で容器間違えただの、煙草の味がするだの、は最低の店だな!(それが本当ならね!)食い物は見た目にも金払っているんだからよ! 一見だの常連だの、高々4~5千円の食い物で大変な様だね。客を大切にする気が無い店なんだね! 金輪際行かね!


 

投稿: 通りすがり | 2015年5月25日 (月) 01時38分

数日前にこちらで食べてきましたが、大変美味しかったですよ。貴殿の記事は憶測ばかりで不愉快です。
後からグタグタこの様な事を書く位なら、初めての店だろうと何だろうとその場できっちり確認をすればよろしいのでは?

投稿: | 2015年6月 7日 (日) 16時49分

ホントは松頼んだんじゃないの~?
見栄張っちゃって(笑)
そもそも、然も「わたくし、普段から高くていいもん食ってますが!」みたいな文章を自慢気に書くやつの言葉をどこまで信用していいのか。それに行きたかった店は混んでて行けなかったって書いときながら、そっちの方がうまいよって宣伝したら余計混むじゃない。このブログ、食べログと大差ないよね(笑)

投稿: | 2015年6月26日 (金) 20時06分

とても美味しいと思います。

気難しそうな親父さんだけど、接客係でもないし。気になりません。
タバコ風味の鰻とか、ありえないでしょう。
そんな鼻の持主いるんでしょうか?

投稿: | 2015年6月30日 (火) 00時53分

ここ10年ほどこの店の近隣住民です。

越してきた頃、やたらネット上の評判が高かったので一度お邪魔したことがあります。ブログ主さんの訪問の1~2年前だったと思います。自分の居住地のことをこう言うのも何ですが、東長崎は率直に言って気の利いた飲食店の存在は期待できないような土地柄です(1軒だけまあまあ好きな蕎麦店がありますけど)。もし近隣にそんなに美味しい鰻店があるなら儲けものだと思って。鰻好きなんで。

結果ですが、こちらのブログ主さんと非常に似通った経験と感想を持ちました。普通に東長崎レベルの店です(東長崎に失礼かも?)。その後偶然この記事を拝見し、我が意を得たりと感じました。私はたまたま地元ですが、こんな取るに足らないような店の記事に反論コメント等が定期的に追加されるのが不思議で、時々ここを覗いています(笑)。

私の場合どうだったかと言いますと、妻と別々のランクのうな重を注文した所、出てきたお重の色こそ違うものの、サイズも鰻もご飯の量も、何が違うのかわかりませんでした。肝心のお味の方は全く美味しくなく、お重は小汚い上にとても小ぶりなもので良い所なしです。山椒も実際既成品で今時こんな鰻店があるんだとびっくりしました。あと他のお客さんが肝焼きを注文したら店主にしつこく絡まれていました。うわ、悪い所だけネット情報通り!?面倒臭っ(笑)。美味しくないしやたら小さいし内容も同じだったので、間違えて下の方のランクを2つ出されたのかもしれないと思いつつ会計したら違和感が。後で何故なのか考えてみたら、注文した上の方のランク2つ分の値段を取られていました(笑)。色々と不思議な間違え方をされたものだと思っていましたが、この記事を拝見したら、なるほどねぇ…と複雑な気持ちになりました。

私の体験した事実は以上の通りなので、ブログ主さんも淡々と事実だけを書いているのだろうなぁと実に納得できます。擁護コメントを入れる人が何でそんなに必死なのかわからない部分もありますが、自分の美味いと思うものが貶されると不愉快なのはわかります。ただ本気でこの店がそんなに美味いと思っているなら、もっと色々な鰻店に足を運んでみても良いかもしれませんね。

再訪の理由が全くないので私はそれ以来です。本田宗一郎がどうだとかネットの大袈裟な触れ込みでこの店が気になった方は、一応ご参考まで。

投稿: 近隣住民 | 2015年7月 3日 (金) 23時55分

行ってきました! ブログ主とは違い、ケチケチせずに特をオーダー。ふっくらとした肉厚の身にパリッとした皮に、絶妙なたれ。最高に美味しい鰻です。
ところでブログ内容、要は、いい大人がその場で疑問を解消せずに(できずに)、後から陰口のようにネットで文句言ってるってことだと思いますが、サイアクにカッコ悪いですね。
「ぼくちん怒ってますっプンプン」ってなっちゃったんですね(笑)。
せっかくいい店行ったのに、美味しいの食べれなくて残念賞でしたねw
ま、あなたが書いてるとおり、うなぎのうまい店はここだけじゃないし、お子ちゃまなあなたでももてなしてくれるお店が見つかるといいですね。

投稿: うなぎだい好き | 2015年7月15日 (水) 02時54分

>12:23:牛丼なみの速さでうな重が出てきた。
    12:40に焼き上がるように準備するといっておきながら、作り置きの鰻を出してきた。初めての店なので文句を言わず受容する。

要は、店の誤りかもしれないのに、直接確かめられないヘタレです自分は、って言ってるってこと、ワカンナイのかなあ、このブログ主さまは。
この時点で「あれ?」って言いもしないで、ただ文句だけ言ってるわけですね。
忙しい店だから、ミスもゼロじゃないだろうが、言われるがままの客は、店の意図せず、舐められちゃったわけですね。まったく子どもじゃないんだからw、言いたいことは勇気を出して言った方がいいってことを学習できてよかったですね。

投稿: うなぎだい好き | 2015年7月15日 (水) 03時07分

三連投お許しください!
あまりにツッコミどこ満載なもので...でもこれで最後にします。もう二度と来ませんのでっ!

>常連以外は作り置きが出てくることがある。

自分のケースだけしか知らんくせに、すごい一般化w。「グルメサイトは信用するな」とか書かれてますが、ご自身のブログの乱暴なロジックのほうが信用に値しないってことを自ら告白してるようなものなんですが、気づかないんですねぇ、アタマに血がのぼっちゃうと。
ほかにもツッコミどこ、ありまくりなので、読んでるみなさん、ブログ主を気づかせてあげましょう!
そして、新しいエントリー更新を楽しみにして、また大笑いしましょうっ!

投稿: うなぎだい好き | 2015年7月15日 (水) 03時19分

この記事のタイトルにある「客に嘘をつく最低の店」の文言は不要だし、店側に失礼なのでは?
そもそも、「嘘をつかれた」という被害妄想の上で一方的に記事が書かれているようなので、読んでいて胸が悪くなりました。

ご丁寧にも写真付きで後からこの様なみっともない文を垂れ流しにするのなら、なぜその場できっちりと確認出来なかったのか?と不思議でなりません。
それは、自分に100%の確証がなかったからでは?

全てにおいて、やっている事がみっともないこと甚だしい。

投稿: | 2015年7月23日 (木) 18時07分

毎度不思議な必死さですねぇ。今日は土用の丑の日ですか。
あのね、このブログ記事の主旨はごく単純ですよ。【不味い上に不愉快だった】ただそれだけです。なお私も非常に似た経験をして同じ感想を抱きました。すごい偶然もあるものです。私も被害妄想ということにされてしまうのかな?
内容的にリピーターは期待できないし、ネットで集客&一見客の客単価をいかに上げるかに生き残りを賭けているといった所ですか。個人的には、不味いのはともかく誠意すらない店(人間)には本質的に何も期待できないという考えです。
必死な方は毎度ブログ主さんへの人格攻撃が目立ちますね。そんなことをしてこの店の評価が上がるとでも思うんですかね。事実かどうかは読んだ人が判断するでしょう。必死な方が言うようなブログ主さんの被害妄想であれば皆さんそう読み取りますよ。一方で必死なコメントを皆さんがどう感じるかも顧みた方がよろしいかと思いますよ。
引き続き不自然に大袈裟なネット情報でこの店を知った方への参考のためにフォローしておきます。

投稿: 近隣住民 | 2015年7月24日 (金) 11時59分

のものですが、なんかタイヘンなことになってすね。個人的にこの店は、昔から通ってきましたし、あの女将さんのオッチョコチョイな生活もわかってるので、さもありなんという感じですが、個人的な体験をブログ主が書くのは、自由と思います。ただ、ブログ主への個人攻撃うんぬんは、ブログ主も店への人格攻撃にとれるテキストを書いてる以上、それは甘んじるしかないリスクでしょう。そういうレベルの罵り合い、という見え方がするブログでした。

投稿: 通りすがり | 2015年7月24日 (金) 23時02分

この記事って、飲食店で一般には普通にアウトな対応をされた消費者によるただの論評ですよね?実体験を示しながら感じたことを書いてあるようにしか見えませんし、大して厳しい言葉を使ってもいない。

それを『店への人格攻撃』だなんて過剰な脳内変換しちゃうのがこの店の常連・関係者の感性なんですかね。自身のミス(或いは能力不足・誠意欠落?)の結果受けた論評に『甘んじる』べきなのは第一義的に店側の方でしょう?社会通念上は。

一方、この店の常連・関係者はブログ主さんを『非常にセコく根に持ちやすい方』『ネチネチ』『ケチケチ』『サイアクにカッコ悪い』『お子ちゃま』『ヘタレ』『被害妄想』『みっともない』等々と言葉を尽くして口汚く罵っています。不思議なレベルの必死さですね。ブログ主さんより遥かに口が悪い。

店と客という立場の違い、論評の対象となった店の対応やクオリティを反映した出来事、片や事実に基づく論評・片やただの人格攻撃、これらを綯い交ぜにしておかしな結論を導くのもまた、この店の常連・関係者の感性なんですかね。

読んだ人はこれらのことを総合的に判断することでしょう。
私の感想は【不味い上に不愉快な店】。常連も変な人が多そうですね。

投稿: 近隣住民 | 2015年7月30日 (木) 21時43分

近隣住民さん、毎度毎度必死なのはあなたの方だ!
コメントに対して反論タイミングといい、内容といい、ブログ主の関係者だよね?
近隣住民なんていう隠れ蓑は脱いだら?


投稿: | 2015年7月31日 (金) 23時33分

おやおや、今度は攻撃の矛先をこちらに向けてきましたか。
論評しただけで人格攻撃と自演認定を受ける店って面倒ですね(笑)

私のコメントは体験した事実を元にしたただの論評なので
そう感情的に絡まれても「で?」としか言いようがありません。

そうやって絡むほどこのブログの検索順位が上がると思うけど、
そこはOKなんですか?

投稿: 近隣住民 | 2015年8月 1日 (土) 22時13分

素晴らしいクイック レスポンス。
余程、このブログ主に肩入れしたい事情があるのだろう。

粘着質な性質ならば、疑問点はその場で解決する事をおすすめする。
この店とは何の関係も無いけれど、証拠も無いのに「嘘をつく」なんて拡散されてはたまったもんじゃない。

くだらない事はお止めなさい。

投稿: 越前 | 2015年8月 3日 (月) 15時29分

やれやれ、またお決まりの人格攻撃ですか。
当て擦る以外に何かできないのだろうか?

>この店とは何の関係も無いけれど

なら黙っていなさいよ。まともな読解力もないようだし。

私は自分が論評をコメントしたからちょくちょく覗いてるけど、
あなたは何しに来てるわけ?巡回?(笑)

投稿: 近隣住民 | 2015年8月 3日 (月) 21時31分

拙い文章を駆使していっぱしの評論家気取りのようだけど、あんたのしている事こそ巡回=日課なのでは?
それに、論評の意味が分かっているのかな?

もうこれ以上、あんたの様な暇人の相手は出来かねる。

ごきげんよう。

投稿: 越前 | 2015年8月 4日 (火) 00時29分

勝手に絡んできた挙げ句涙目で捨て台詞を吐いて逃走ですか(笑)
何しに来たんだか。二度と来ないそうで良かったです。サヨナラ~。

投稿: 近隣住民 | 2015年8月 4日 (火) 08時33分

いろいろ調べていて、このブログやほかの情報を参考に、東長崎行ってきました。自分にとって今まで最高のうなぎは、岐阜の関のうなぎ屋さんで、それは変わらずですが、この店もとても美味しかったです。このブログもある意味でとても参考になりました。意見は人それぞれですし。
最終的には、自分で経験しないとわからないですからね。

投稿: 美味しかった | 2015年8月 5日 (水) 01時05分

近隣住民という方は、本当に東長崎の住民かどうか証拠を提示しては?例えば住民票とか個人情報わかるもの
もちろん、伏字モザイクなしで当人の、これもぼかしとか一切しない、当人である証拠付きの顔写真があれば完璧

ちなみに、この店この間行って来ましたが上々の味でしたね。味に文句言ってる方は、去年閉めた「せきざわ」とかいう飯の上にハエが落ちててもそのまま出してくる店の味に慣れた、下品な方なんじゃないかと

投稿: 一創 | 2015年8月21日 (金) 19時19分

証拠の提示は無理な相談でしょうね。
お察しの通り、近隣住民=ブログ主なんですから。
文章を読み比べれば、同一人物だとう事が分かりますもん!

所詮、他人のお勘定に聞き耳を立てている様な下品な人物です。

投稿: | 2015年8月23日 (日) 13時23分

個人情報上げろとかバカじゃないかな?(笑)
鰻家の関係者は本当に頭が悪いなぁ。

せきざわ(笑)鰻家と同じく安っぽくTVに出てましたね。
さすがにせきざわは近づこうとすら思ったことがありません。
最初に申し上げた通り東長崎で口に合う店はほぼゼロです。
仰る通り、鰻家はせきざわのイメージと同類の東長崎の
平均的な店ですね。

しかし鰻家レベルの店を上品だとでも言いたげな文脈は
実に滑稽ですな(笑)

投稿: 近隣住民 | 2015年8月23日 (日) 21時39分

通りすがりすみません。

鰻の有名店は大半いってますが
白焼きが一万する某店などよりは
美味しいと思いますし
池袋の超有名店で天然を食べれる
某店も鰻家も一見客には
それなりの対応ですよ。

投稿: | 2015年9月 2日 (水) 22時57分

攻防が白熱していますね。
味の感じ方は人それぞれでしょうけど、味や対応のレベルが低い理由が、一見だからとか最上ランクを頼まないからとかいうのはかなり疑問です。
そういうことで仕事の質を落とす店には絶対行きたくないな。というより、まともな仕事をできる店ならそういうことで差が出ることはあり得ないでしょ。
個人的意見です。

投稿: | 2015年9月 6日 (日) 21時06分

これって威力業務妨害ですよね。
そして名誉棄損。

こんな面と向かって言いたいこと言えない舌バカのせいで商売あがったりだよ

投稿: よしひろ | 2015年11月22日 (日) 08時43分

ブログ主。
貴重な情報ありがとうございました。

みなわかってると思いますが、
ブログの記事を批判してるアナタたちの多くは店の関係者でしょう。

ブログの記事は客観的な事実ばかり。
ブログ主が真実を記載していることは、
たくさんの他店の記事で明白。

> 自分のケースだけしか知らんくせに、すごい一般化w。
常連に作りおきを出さない証拠がないことを攻めてるの?
少なくとも一見客に作りおきを出した事実を記載したことに非が感じられない。
あなたは何を守ってるの???

> 店の意図せず、舐められちゃったわけですね。
このストーリーなら、
店は「容器を間違えた」と言っているので、
意図してるだろう。
あなたは守り方をまちがってるよ!

> 「ぼくちん怒ってますっプンプン」ってなっちゃったんですね(笑)。
> サイアクにカッコ悪いですね。
普通の読者が書く感想じゃない。
あなたの書き込みの信憑性を低下させてるよ!

> 席を立って隅で「ちょっと」と女将を呼び、お会計の誤りを声を落として指摘すればよろしい。
そんなことを客に強いる店には行きたくないですね。
じっさいブログ主は女将に指摘して嫌な思いをされているわけですが?


> ホントは松頼んだんじゃないの~?
> 見栄張っちゃって(笑)
そうだね。ブログ主が注文間違ったのかもしれないね。
つまり店は松を出して特の金額を請求したんだね。
あなたは誰の味方なの?

「客に嘘をつく最低の店」の看板に偽りなし。

投稿: あいば | 2016年1月11日 (月) 13時28分

今、テレビで鰻家を見て調べたところこちらに辿り着きました。
コメント欄見てビックリです。
主さんに失礼を承知で言えば、たかが素人のブログでこんなにヒートアップする方たちがいるのが不思議です。
どちらの言い分が本当かはわかりませんが、お店のご主人や女将さんがよい人で鰻の味が最高だったとしても、ここで罵詈雑言を吐いてる人たちが常連客としてお店にいるかもしれないと思うと、楽しい食事は出来そうもないですよね。
やめておきます。

投稿: 通りすがった者です。 | 2016年4月24日 (日) 22時50分

食べに行く前にこの記事を発見!

危なく食べに行くとこでした。

鰻を食べ慣れてないので、何を出されても「こんな物なんだな…」ってなるとこでした。

不慣れな人でも、安心して食べれる美味しいお店が良いですね。

投稿: なゆた | 2016年4月24日 (日) 23時52分

テレ東で絶賛していたので、詳細を調べようと・・・

主さんのお重の鰻と、テレビに映し出された鰻とでは大きさが全然違っていた。
主さんのコメントに、喰い付いている方々もいるようだけど、食は気持ち良くするものだと思っているから、行く気が一気に失せた。

作り手のこだわりは作り手だけがこだわれば良いこと。
押し付けたりするものではない。

そんな汚いものに、何千円も大事なお金を払うなんてまっぴらごめん。
ましてや、注文や代金間違えたりなんて、言語道断プロ意識に欠けるわ。合法的なぼったくり?ありえないね

好きな方は、どうぞお行きなさい。

著名人やテレビには、とっておきの物を出したことに、間違いなし。

このブログをチェックして良かった。
ありがとう・・感謝感謝


投稿: | 2016年4月25日 (月) 00時04分

こんな下らないブログを都合良く解釈して安心しているのではなく、正確な情報を得るべく努力した方が良いんじゃないの?
グルマン気取りのケチ人間のイジイジブログなんてあてにならないよ。

投稿: | 2016年4月29日 (金) 17時00分

鰻が食べたくなりネットで調べてここに着きました。
題名、コメントがなかなかキツイですね。
それで、他のお店の記事も見てみました。
あまり信用しなくてもいいかなと思いました。
私にとってよくないお店が高評価でした。
無責任に先入観を与えないでほしいですね。
ひょっとしたら、このお店は他の人には合うかもしれないので。まあ、もう見ないと思いますが。

投稿: 食欲旺盛 | 2016年5月 1日 (日) 14時05分

件の店を良く言う人は、
普通に件の店が好きな人かもしれない。

しかし、
それにじょうじて、
ブログ主を悪く言う人は、
件の店のステークホルダー(利害関係者)だけじゃないのかな。

ブログ主の店の好みが自分の趣味と違っても、
悪く言う必要ないし無視すればいい。

件の店を悪く言う人の中には、
件の店を貶めることに
インセンティブのある人(利する人)がいるかもしれない。
でも、そんな人いるのかな?
(近所のうなぎ屋?)

ブログ主の客観的な事実に、
ブログ主の悪口で答えるこのコメント欄こそが、
件の店の真骨頂。

行かれる方はこころして行かれよ!

投稿: 近所のうなぎ屋 | 2016年5月14日 (土) 20時42分

東京のウナギ屋は作りおきなんでしょうか?
ちょっとひどいですね
スーパーで売ってるような味を想像しました
そもそも、先代が焼いていないようなので、本田宗一郎が食べていた頃とは味も違うと思います

投稿: まさ | 2016年5月20日 (金) 22時16分

鰻家 宗一郎伝説の真実
ご近所住まいの宗一郎さんが、ウナギ喰いたくなった時に、
目白通りを隔てて徒歩5~6分のウナギ屋にたま~に喰いにいってたってだけの話。

投稿: 近所の雀 | 2016年7月23日 (土) 20時42分

数年前に鰻家さんの近所に住んでいる知人から教えてもらい、初めて来店しました。皆、料理も予約してから来店しているのを知らず、予約なしで来店しました。オーダーしてから40分ほどして提供されました。私は子供のころから鰻が大好きでいろいろな鰻を食べてきましたが、人生で一番美味しい鰻でした。山椒を少しかけて食べたのですが、山椒の味になってしまうのが勿体ないと思い、残りは、山椒をかけずに食べました。私も飲食業で働いているのですが、本当に美味しいものはそんなに早くできません。このブロガーは、世間知らずもいいところ。二度と外食をするな馬鹿者!と声を大にして言いたい!
恥ずかしい奴だ!

投稿: | 2016年7月23日 (土) 23時10分


だから最後にブログ主の悪口書いちゃうから、
また「最低の店」の関係者が気味の悪い書き込みしてるってバレちゃうんだよ!

投稿: 近所のうなぎ屋 | 2016年7月24日 (日) 12時07分

むか~し昔、東長崎には「宮川支店」という名店があった。
最高に旨い鰻を喰わせてくれる店じゃった。。

投稿: 近所の雀 | 2016年7月24日 (日) 14時15分

約8年ほど前から年1回程度で訪れていますが、
毎回席だけの予約としています。
着いてから3~40分待ってしっかりふっくらとした鰻重が出てきます。ちなみに大抵は、さばくところも見せていただいています。さばくのを見るのもなかなか楽しいですよ。(※血が苦手な方は見ないほうがいいかも)


今までのコメントでほめている方の大半が、時間焼き上がり予約をしてない方ばかりですので、もし行かれる方は参考にしてみてはどうでしょうか?(お店の方は困るかもしれませんが)

投稿: 8年来の来訪者 | 2016年7月26日 (火) 17時52分


「最低の店」攻略法もいいけど。

つまり、
時間焼き上がり予約
には不味いものを出す「最低の店」ってことなんだろうか?

食べ物の旨い不味いは、
それぞれの主観があるだろうからいろいろな意見があっていいと思うけれど。

この店が「最低の店」な一番の理由は、
客に詐欺を働いている点に思えて。

そこを払拭できなきゃ、
やはりこんな怖い店に行けないのでは?
「毎回席だけの予約なら美味しいですよ」って言われても、私の時は何が起きるかわからないし・・・。

肝試しに入るには良いのですが・・・。

投稿: 近所のうなぎ屋 | 2016年8月 1日 (月) 20時58分

確かにこの店は客を客とも思わない傲慢なところがあります。美味い時と不味い時があり、味が一定してません。
店の人は愛想が悪い。入り口横にある籠の中から鰻を入れたり出したり、その度に滴がカウンターに飛んでいく。親父さんは客の前で平気で煙草を吸う。無神経。
予約すると直ぐ出てくる。それも二度焼き。冷えたものをまた焼いたのでしょう。
こんなこともありますが、たまに、ふっくらしていい味の時がある。妻と二人でぶつぶつ言いなら、何度も行ってます。麹町の秋本は最高です。

投稿: ウナギマン | 2016年8月 2日 (火) 11時40分

「うなぎ 作り置き」でこのサイトがヒットしました。
息の長いコメント欄は関心の高さをうかがわせます。

私は低所得者の庶民なので、うなぎは高値の花で手が出せません。
普段は自分で釣ってきたうなぎを料理しています。
しかし一度ぐらいは本物を子供たちに食べさせてあげたいと意を決し、銀行で大枚をおろしてうなぎ専門店に直行し(件のお店ではありません)、迷わず特上を人数分注文しました。
すると、すぐにお重が出てきたのでびっくり。
魔法をかけられた気分でお箸をつけると、絶望の淵に突き落とされました。
普段食っているうなぎの方がよっぽどうまいのです。
そりゃそうだ。どんな料理だって出来たてほやほやの方がうまいのに決まっている。
これじゃ、どっちが本物か分かったものではない。

帰って調べてみると、今時、注文を受けてから捌いているうなぎ屋はほとんどないことを知り、暗澹たる思いでいます。
これほどうなぎ屋が堕落してしまったのは客にも責任があるのでは。
何かおかしいと思っても黙っているので、店は客が満足したものと勘違いしているのでしょう。
しかし、店内で面と向かって文句を言う勇気はありません。
同伴者に嫌な思いをさせたくないからです。
そこで、このコメント欄を利用して毒を吐かさせてもらいます。

やい、うなぎ屋。素人が作ったうな丼の方がおいしい訳がなかろう。
怠慢をするな。客に出来たてを出す努力を惜しむな。
おまえら、プロだろう!

投稿: うなぎを愛する男 | 2016年8月22日 (月) 20時41分

毎度ブロガー庇護コメントでおなじみの”近所のXXXX”、
件の店をすっかり詐欺呼ばわりしているが、そんな証拠はどこにあるんだ?
このブロガーといい、近所のXXといい、相手に直接質してもいないくせに陰でネチネチとくだらない文言を垂れ流す暇人の輩。
そんな輩のボヤキは無視して、自分で直接確かめに行った方が時間の有効活用だ!

投稿: | 2017年2月 6日 (月) 13時16分

過去の不特定のコメントから既出の回答を引用してみました。ご参考まで。


> 毎度ブロガー庇護コメントでおなじみの”近所のXXXX”、
> 件の店をすっかり詐欺呼ばわりしているが、そんな証拠はどこにあるんだ?
> このブロガーといい、近所のXXといい、相手に直接質してもいないくせに

(過去コメントから引用)

そんなことを客に強いる店には行きたくないですね。
じっさいブログ主は女将に指摘して嫌な思いをされているわけですが?


> 陰でネチネチとくだらない文言を垂れ流す暇人の輩。

(過去コメントから引用)

普通の読者が書く感想じゃない。
あなたの書き込みの信憑性を低下させてるよ!

ブログ主を悪く言う人は、
件の店のステークホルダー(利害関係者)だけじゃないのかな。

最後にブログ主の悪口書いちゃうから、
また「最低の店」の関係者が気味の悪い書き込みしてるってバレちゃうんだよ!


> そんな輩のボヤキは無視して、自分で直接確かめに行った方が時間の有効活用だ!

(過去コメントから引用)

「最低の店」攻略法もいいけど。

そこを払拭できなきゃ、
やはりこんな怖い店に行けないのでは?

肝試しに入るには良いのですが・・・。

ブログ主の客観的な事実に、
ブログ主の悪口で答えるこのコメント欄こそが、
件の店の真骨頂。

行かれる方はこころして行かれよ!

投稿: 既出 | 2017年2月 8日 (水) 20時56分

ブログの記事なんて所詮参考程度でしょ?
美味いも不味いも感じ方は人それぞれなんだから。
ただ、こんなタイトルを付けちゃうところにブログ主の人間性がよく出ているよね(怖)

投稿: アルチザン | 2017年2月 9日 (木) 15時42分

最近のこのブログ、何か違う方向に話が行ってるみたいですけど、私もブログ主さんに同感です。

確かに、タバコふかした感じの悪い主人でした。

勿論、有難うございますも言わない。ひたすら無言。

でも、女性客だけには積極的に笑顔で話しかけていました。

鰻は大したことないです。値段だけ高い。

ここの鰻が値段相応に旨いと感じる人は、相当の味音痴だと思います。

投稿: けんちゃん | 2017年5月 2日 (火) 11時50分

ネットでこのお店を検索して辿り着きました。
ブログ主さんの撮ったうな重の写真ですが、

1.お重の内側も上面の縁も朱色
2.蒲焼の前後にご飯のみの空間あり

が確認できます。

この2つの特徴を満たし、蒲焼の厚みの感じも似たような写真を食べログで探しましたところ、下記のものが見つかりました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13012445/dtlrvwlst/B112435206/#2947551

これ、うな重「竹」です。

投稿: 城南地区在の通りすがり | 2017年5月19日 (金) 06時24分

↑客観的で具体的な投稿に感謝♪

ブログ主の記述でも。
> 「ごめん、器を間違っちゃった。」
こう書いてある。
続けてこうも。
> 「うん。器間違っちゃった。ごめんね。器で全然味が違っちゃうよね。」
だから、あなたの推察のとうりなんだろう。。。きっと。
けど!


気になったのは以下のいずれなのか・・・。
 ①中身を間違えたのに高い料金を請求した。
 ②器を間違えた自分の非をごまかしつつ、ブログ主の舌の悪さをあざ笑ったのか。
 (あんたみたいな味音痴)器で(ごまかされて)全然味が違っちゃうよね(笑)

他の解釈なんてあるのかな?

もし、先に書いた解釈ならば、
いずれの解釈でも店の関係者(ステークホルダー)が、
ブログ主の悪口を書くのも良くわかる。
(事実関係を争わず、人を貶めてごまかしたい。。。なんとしてもごまかしたい。。。)

投稿: 既出 | 2017年5月20日 (土) 20時39分

↑他の解釈なんてあるのかな? にお答えします。

女将「ごめん、器を間違っちゃった。」
この言動から判ることは、

1.この店では普段から器と乗せる鰻の組み合わせがグレードごとに決められていること。つまり、その時々でランダムに器を使っているわけではないこと。
2.鰻のグレードに対応する器選択について、
 A.器を用意する人(主人か女将)
 B.器にご飯を盛る人(多分女将)
 C.焼きあがった蒲焼を乗せる人(主人)
 D.蓋をして運ぶ人(女将)
  の少なくとも4回チェックが入るので、ヒューマンエラーは非常に起きにくいと考えられます。

次に、他の客に供された「うな重特」を食べログでチェックすると、次のことがわかります。

3.「特」の器は内面が朱色で、上面縁が黒。
4.乗っている蒲焼の長さについては、後半(尻尾部分)が器の前後両端についているか一部めくれている。
また、身の厚さがブログ主さん撮影のものより明らかに厚い。

どう見ても、「器を間違えた」のではなく、「器ごと違ったグレードのうな重を出した」と考えるのが妥当でしょう。
以上より、
 ①中身を間違えたのに高い料金を請求した。
が正解かと・・・

投稿: 城南地区在の通りすがり | 2017年5月23日 (火) 07時01分

以下、ブログ記載より引用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
訪問時間は12:30。
「12:40くらいに焼き上がるように準備しておきます」と言われる。

12:20:あまりの暑さに閉口。時間前だが店を訪問。
12:23:牛丼なみの速さでうな重が出てきた。
    12:40に焼き上がるように準備するといっておきながら、作り置きの鰻を
    出してきた。
   「まずい」出来立てではないのでぬるい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.「12:30来店予定で、12:40焼き上がり」として準備していたうな重が、12:23に出てきた。しかも、12:23の時点で「ぬるい」うな重だった。

  このことから、このご夫婦に出されたうな重は12:10頃以前に仕上がっていたもの、と推察される。

2.「12:30来店」という予約客に対し、店側は「12:40焼き上がり」と応じていることからして、この店では予約時刻の10分後に出来上がるように準備するのが慣習ということ。

3.1と2より、出されたうな重2つは、実は「12:00来店、12:10焼き上がり」でつくられたものの可能性が非常に高い。
  ではなぜそれが出てきたのか?を考えると、次のような事情があった可能性が考えられる。

 A.「12:00予約」客がスッポカした。
 B.店側は「うな重竹」2つ用意し、12:10には仕上がっており、遅刻してくるかもしれない注文主が来る可能性にかけ、蓋をして待った。
 C.しかし12:20になっても予約客は来ない。仕上がって10分たったうな重は、ぬるくなってきており、これ以上後に出すのは限界。
 D.丁度そこへ12:40仕上がりで準備していた予約客が早く店に到着。
 E.無駄になるところだったうな重2つを、即その客(ブログ主夫妻)に出す。
 F.ブログ主用に焼いていたうな重は、最後の蒸しと焼きの行程前に火からおろしておき、13:00予約の客に使えばよい。

あくまでも仮説ですが、冷静に論理的に考えれば、当たっている可能性は相当高いのではないかと思います。

なぜならば、もしブログ主さん夫妻が「焼き上がりは12:40」だからと12:40着で行ったとしましょう。
そうすると、12:23にすでにぬるいうな重は12:40にはどうなってしまうのか?
店とすれば、客が12:30ではなく、告げた12:40に来ることもあり、と考えているはずです。
12:20に出来上がっているぬるいうな重が、ブログ主さん夫妻のために準備されたものではないことは、ほとんど火を見るより明らかと言えるでしょう。

投稿: 城南地区在の通りすがり | 2017年5月23日 (火) 08時00分

②なら性格の悪いおばさん。
(僕なら行かないけれど社会的には)
ぎりぎりセーフ!
嘘もついてない。

しかし・・・

①だと。アウト!!
(あきらかに)故意に高い料金を請求した
となると・・・

『客に嘘をつく最低の店』っていうのは。たとえば。
・食材の産地を確認せずに適当な聞こえの良い産地を客に言う。
・調理中にたばこを吸ったのにたばこを吸ってないと言う。
だと思っていて。
①はちょっと違うかな。

犯罪とか詐欺とかってキーワードの方がしっくりくる。
これを『客に嘘をつく最低の店』と読んだら、
他の『客に嘘をつく最低の店』達に失礼だよ!!


投稿: 回答感謝♪ | 2017年5月23日 (火) 08時04分

彼女と特を食べましたがとっても美味しかったです。あっさりしたタレでふっくら肉厚な鰻でした。いつも少食の彼女がペロッと食べてました。お店のご主人さんは確かに少々癖のある方でした。ただ職人気質なチャキチャキした人で爪も「鰻をずっと焼いてきたからこんなになっちゃったよ」と見せてくれましたが指が汚いというよりも職人さんの指、ご主人の人柄も含め老舗の鰻屋で食事を楽しんでいるという特別感を感じました。嫌な思いをされたのは事実でしょうし大変でしたね。僕は彼女と特別な時間を楽しめて良かったです。ちなみに僕は池袋のかぶとも行ったことありますが、正直かぶとの方が何倍も美味しいと思います。まあ好みって事じゃないでしょうか。

投稿: 通りすがり | 2017年5月27日 (土) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247692/36420043

この記事へのトラックバック一覧です: 【東長崎】うなぎ御蒲焼所 鰻家/客に嘘をつく最低の店:

« 【銀座】ラ・マリー・ジェンヌ/「ほぼ」日替わりランチ | トップページ | 【目白】志むら/氷あんず »